夫のための健康食生活日記〜コレステロールを下げるため〜のメイン画像

コレステロールが気になる方におすすめの食材

コレステロール値を下げる食品


夫が受けた健康診断でコレステロール値が高めという結果を受けて、私は早速その日から最愛の夫の為に食事メニューをヘルシーな内容に変えています。

インターネットや雑誌などでリサーチを行った結果、コレステロール値を下げる食品の存在を知ります。

その後、私はコレステロール値を多く含む肉類などの食品を控えつつ、コレステロール値を下げる食品を積極的にメニューへと取り入れるようにしたのです。

まず最初に私が取り入れた食品は「えごま」と呼ばれるシソ科の植物です。

このえごまは韓国料理でもよく出てくる野菜として知られており、コレステロール値を下げる効果の高い「α-リノレン酸」を豊富に含んでいます。

このえごまに含まれるα-リノレン酸には悪玉コレステロールを減らすと同時に善玉コレステロールを増加させる働きがあるため、コレステロール値が高めの人にはかなりオススメの食品です。

そのほかにもコレステロール値を下げる効果のあるタウリンを多く含んだ「牡蠣」、血中コレステロールを溶かして悪玉コレステロールを減らす働きがあるDHAやEPAを多く含む「イワシ」、コレステロール値を下げて血液をサラサラにする効果があるナイアシンを豊富に含んだ「シイタケ」などがオススメです。


悪玉コレステロールの影響を阻害する食品


コレステロール値を下げる食品について幾つか紹介してきましたが、先に述べた食品以外にもコレステロール値が高い人にオススメの食品があります。

その食品とは、私たち日本人が古来から食してきた「納豆」です。

納豆には「ナットウキナーゼ」と呼ばれる独自成分が含まれていますが、この成分には血液をサラサラにして血栓を予防する効果が認められています。

そのため、納豆を食べる事で悪玉コレステロールの影響によって出来た血管の内壁にある血栓を溶かし、動脈硬化などのリスクを低下させることが出来ます。