夫のための健康食生活日記〜コレステロールを下げるため〜のメイン画像

おすすめ食材を使ったレシピ紹介

コレステロール値を下げるイワシのレシピ


夫が健康診断でコレステロール値の高さを指摘された翌日、私はコレステロール値を上げる食品を使ったレシピを幾つか調べています。

そこで知ったのは青魚の「イワシ」にはコレステロール値を下げる効果がある事、そしてイワシを「つみれ」にすればお肉に似た食感を楽しめるという事実です。

私はその夜、イワシを使った「つみれ汁」を夕食として夫に提供しています。

私が作ったイワシのつみれ汁のレシピは、まずイワシ2尾と味噌小さじ2/1、塩少々、すりおろした山芋小さじ1、片栗粉、すりおろした生姜少々、蓮根少々、カツオ昆布出汁、日本酒大さじ1、醤油適量、みりん小さじ1、ゴボウ適量、椎茸少々、ゆずの皮を適量、豆腐一丁を用意します。

作り方はイワシを捌いて身だけにして、塩と味噌、山芋、片栗粉、すりおろし生姜、蓮根と一緒にすり鉢で潰して「タネ」を作っていきます。

次にお湯を沸かしてすりおろしたタネを団子状にして入れ、浮いてきたら水へと移します。

熱が引いたらつみれをカツオ昆布出汁に入れ、日本酒と塩、醤油、みりんを入れます。

お好みでゴボウや椎茸、豆腐を入れて一煮立ちさせたらすりおろした生姜と塩を加えます。

最後にお好みで柚子の皮を加えれば完成となります。


血液をサラサラにする納豆を使ったレシピ


納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる血液をサラサラにする効果がある成分が豊富に含まれています。

私が夫の為に考えたコレステロール対策レシピには納豆を使ったメニューも幾つかあります。

まず、納豆1パックと鳥の胸肉200g、蓮根一個、ごぼう半分、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、日本酒大さじ2を用意します。

作り方はゴボウと蓮根を洗って皮を剥き、ゴボウはささがきにして水にさらします。

蓮根は薄い輪切りにして酢水にさらして下準備を整えます。

鳥の胸肉を一口サイズに切ったらフライパンで炒めつつ、日本酒を加えます。

その後、蓮根とゴボウを加えて炒めたら砂糖を加え、馴染んだところで醤油と酒を加えます。

最後の荒熱を取ったら納豆を加えて完成です。