夫のための健康食生活日記〜コレステロールを下げるため〜のメイン画像

コレステロールが原因で引き起こされるリスク

私が知ったコレステロールによるリスク


私なりの方法でコレステロールに関する知識を深めていく内に、コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2つのタイプがあると知り、さらに悪玉コレステロールのリスクについても一定の理解を深める事が出来たました。

通常、悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロールは血液に溶け込んで身体の各所に必要なコレステロールを届ける役割を担っているのですが、食事からのコレステロール摂取量が多いと血管の内壁にへばりついて「血流を阻害する要因」となります。

そのため、悪玉コレステロールを多く含む食事を日常的に続けていると、全身の血管が狭くなってさまざまな生活習慣病を引き起こすリスクが高まってしまいます。

たとえば血管の内壁が狭まって十分な血流が確保出来なくなると、「狭心症」や「心筋梗塞」を発症するリスクが高まります。

また、悪玉コレステロールの影響で脳の血管が狭くなると「脳梗塞」などの命に関わる病気を発症するリスクも高くなるので注意が必要です。コレステロールの上昇がもたらす病気について、専門家が説明したコレステロール対策サイトにもそのリスクが説明してありました。やはり、怖いですよね。。


善玉コレステロールに関する知識


摂取し過ぎると身体にさまざまな悪影響や病気のリスクをもたらしてしまう悪玉コレステロールですが、一方で「善玉コレステロール」と呼ばれるコレステロールには体内で余ったコレステロールを外へ運び出す役割を担うことで知られています。

別名「HDLコレステロール」とも呼ばれる善玉コレステロールですが、日常的に食事から摂取する事で体内に蓄積した悪玉コレステロールを細胞壁から運び出してくれます。

そのため、善玉コレステロールには体内のコレステロール量を調節する働きがあり、日常的に摂取することによって悪玉コレステロールによる身体への悪影響を防ぐことが出来るというわけです。