夫のための健康食生活日記〜コレステロールを下げるため〜のメイン画像

そもそもコレステロールとは?

コレステロールとは何かを調べてみた


夫の健康診断でコレステロール値が高いという結果が出たことで、私はまず最初に「コレステロール」について調べてみる事にしました。

インターネット等を活用しながらコレステロールに関する情報を収集していく内に、コレステロールというのは人間の細胞膜を生成するために必要な「脂質」だという事実に気付かされます。

それまでの私は最愛の夫が健康診断で引っ掛かった原因でもあるコレステロールに良いイメージを抱いていませんでしたが、人間の身体を形成するのに必要な成分だと知ってからは少しだけコレステロールに対するイメージが変わったように思います。

コレステロールの主な役割としては、私たちの身体を形成している細胞を包むための「細胞膜」の原料となったり、ビタミンDを合成する為に消費され、心身の活力を向上させる副腎皮質ホルモンや脂肪の消化を助ける胆汁酸などの材料としても使用されることが分かっています。

つまり、私たち人間が生きていくためにはコレステロールの摂取が不可欠であり、必要最低限のコレステロールはむしろ積極的に摂るべきなのです。



悪玉コレステロールとは


コレステロールに関する情報収集を進めていく内に、私は「悪玉コレステロール」と「善玉コレステロール」という言葉に辿り着きます。

よく調べてみるとコレステロールには2つの種類があり、善玉と悪玉に分類されるという事実が判明したのです。

悪玉コレステロールというのは別名「LDLコレステロール」とも呼ばれ、普段は血流に乗って身体の各部位に必要なコレステロールを届ける役割を担っています。

しかし、この悪玉コレステロールが血流に乗り過ぎると血管の内壁にへばりついてしまうので血流の妨げとなる場合があります。

その結果、悪玉コレステロールによって「動脈硬化」の原因となって心筋梗塞や狭心症、脳梗塞を発症してしまうリスクが高くなります。